アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ドラム

icon ドラムを楽しむ環境を作る

最近は、個人の趣味として、トランペットやエレキギターやドラムをパーティーで演奏したり、ライブ活動をする人達が若い人達だけでなく、お年を召した人達の間でも増えてきていてひそかなブームとなっています。
個人でドラムの練習をしたいと思った時は防音工事をきちんとしてあるスタジオですることになるのですが、予約が思うように取れなかったり、料金が非常に高かったりで、なかなか思う存分スタジオで練習することは難しいケースが多いです。スタジオで思うように練習出来ない人は家で練習することがベストです。

最近はインターネットで簡単に中古のドラムを買えることもあり、家で好きなだけドラムの練習をする人達も増えてきています。
ですが、きちんと防音工事がしていない家でスタジオと同じように練習することはご近所に非常に迷惑になるので、ドラムを買うのと並行してきちんと防音工事をした部屋を持つ必要があります。
やはりドラムが上手くなるためには練習を多く積むことが非常に大事なことで、いつでも好きな時に練習できることは、上達するためには非常にいいことといえます。
時間をかけて練習すれば、必ず成果がでるのが音楽で、どれくらい練習したかで他の人と差がでてくるので、なかなか普通の家では練習しにくいドラムを家で練習をすることは、他の人より上手くなりたい人にとってはかなりいいことです。
もし防音工事をしてない家で練習する場合には、自分で思っている以上にうるさいので、防音工事をしないで練習することは、かなり良くないことといえます。

スタジアム

icon 遮断に有効な工事

防音工事とは、音が外に漏れないように、防音性能を高めるための施工方法です。
音を遠くまで届かせるのが難しい一方で、音を遮断することもまた難しいテーマです。
音は物体を通じて伝播する性質を持つ事から、音の伝達をいかに妨げるかが防音工事の重要なテーマです。
音の伝達を減衰させる素材を開発することで、防音工事の効果はさらに高まります。
ドラムのような大きな音が出る楽器は特に、騒音問題には敏感に対処することが必要です。
ドラムの音と振動は、他の人に不快な気分にさせてしまうことも大きな可能性としてあります。そのため、防音工事を行う必要性がさらに高まります。

防音工事は、演奏する専門の場所であるスタジオで、特に必要とされています。
音楽を専門に演奏するスタジオは、外に騒音被害をもたらさないような万全の防音のための工事を行わなければなりません。
ドラム演奏を行う機会が多いスタジオは特に、ドラム特有の音の周波数に合わせて、高い減衰効果を持つ防音の工事を施工する必要があります。
ミュージシャンが思い存分演奏に打ち込むことができるように、スタジオの施工においては防音工事に特に注力しなければなりません。
ドラムの大きな音や振動であったとしても、しっかりと遮断することができる防音工事を果たすことができれば、音楽スタジオはその役割を十分にこなすことができます。
音楽文化を支える重要な施工として、防音の工事には高い重要性があります。

防音工事とは、屋外からの騒音が家の中に入って来ない様にする工事や音が外に漏れない様にする工事のことです。
室内の壁やドア・天井・床に防音の素材を使用する事で効果が得られますが通常の防音工事では、スタジオ並みの遮音は望めず演奏する楽器に応じて工事内容も変わってきます。
ドラムの練習をしたいという方は遮音だけでなくドラムから出てくる振動もしっかり遮断した防音工事が必要な上、ドラムの種類でも変わり防音工事の中でも最も難しい特殊な工事です。
個人でスタジオ並みの防音工事を行おうとしても音が漏れ近隣に迷惑をかけ苦情が来ることがありますが、工事をすることで周りを気にせず自分のペースでドラムの練習する事が出来ます。